Home > 新商品・新技術を開発したい > 世界一を目指す研究開発助成事業
新分野へ進出したい

世界一を目指す研究開発助成事業

平成28年度の応募は終了しました。 

県内の中小ものづくり企業や理工系大学等の高等教育機関に属する若手(平成27年4月1日現在で40歳未満)の研究者や技術者が、小さくとも世界一の技術等の開発を目指して行う研究開発(品質・コスト等について、現状を把握したうえで、それを更にもう一歩進めようとする事業はすべて対象となります)で、他の補助金等の助成対象となっていないものについて、その経費の一部を助成します。

 

助成対象者

  • 法人格を有する県内の中小ものづくり企業(※みなし大企業を含む)
  • 県内の理工系大学等の高等教育機関

 

助成対象経費

経費区分内  容経費全体に占める
割合の上限
備及び備品の購入費又は借用費 設備・備品の購入(※1)またはレンタル・リースに要する経費(※2)
原材料費 原料・材料・副資材及び消耗品類に要する経費(※3)
外注加工費 原材料等の加工等を外注する経費(※4)
5割
5割
外注試験費 外部で行う試験・検査・分析に要する経費(※5) 3割
共同又は委託研究費 他の企業、大学、試験研究機関等と行う共同研究又はそれらに研究を一部委託するために要する経費(※6) 5割
技術指導費 他の企業、大学、試験研究機関等から研究開発に必要な技術情報・専門知識等について指導等を受けるために要する経費(※7) 3割
特許出願料 特許出願に要する経費(弁理士手数料を含む。)(※8) 3割
一般管理費 研究開発の実施に必要な一般的な管理費全般(※9) 2割

注)

  ※1 助成金を設備・備品の購入金額の一部に充当する形での購入は原則として認められません。
     (例:60万円の設備を購入し、助成金50万円を充当する。)
     ただし、一部充当がやむを得ないと認められる場合に限り「助成対象」とさせていただく場合があります
     ので、必ず事前に振興センターにご相談ください。

  ※2 レンタル・リースの助成対象期間は、交付決定日以降から研究(助成)終了までの期間とします。

  ※3 原材料・消耗品は、助成期間終了時点で「残存」がある場合、助成対象とならないことがありますので、
      計画的な購入・使用につとめてください。

  ※4 外注加工を行う場合の図面等を保管しておいてください。

  ※5 試験・検査・分析等の結果報告書等を保管しておいてください。

  ※6 他の企業、大学、試験研究機関等との間で「共同研究契約」や「委託研究契約」等を締結して実施する
        場合に限ります。

  ※7 ※6と同様「技術指導契約」などを締結する場合に限ります。また、受けた技術指導の内容について、
      「技術指導報告書」を作成・保管してください。

  ※8 特許出願手続きに係る書類(写し)等を保管しておいてください。

  ※9 その他の経費の実績額を基に算出(実績額の20%以内)します。参考様式5による執行実績報告書を
      もって支出を確認します。

 

助成限度額、助成率、採択予定件数

  • 助成対象限度額 : 100万円以内    ※高等教育機関の場合、概算払いも可能。
  • 助成率 : 定額
  • 採択予定件数 : 2件程度

 

応募方法

 下記より申請書をダウンロードし、所定の書類に必要事項を記入の上、補助資料等(会社案内を含む)を添付して提出して下さい。

 申請書作成にあたっては、募集案内 [PDF:335KB]をよくご確認ください。

 

各種ダウンロード様式

【募集案内】 :  [PDF:335KB]

【申請書様式】 :  [Word:84KB]

 

平成28年度交付決定

 平成28年度交付決定の概要は、こちら[PDF:159KB]をクリックしてご覧ください。

 

【お申し込み・お問い合せ先】
 産業振興部 ものづくり産業振興グループ
  TEL:028-670-2601  FAX:028-670-2611
   E-mail: monozukuri@tochigi-iin.or.jp

▲ ページの先頭へ戻る