Home > 人材を育成したい > 作業標準と仕事の進め方
人材を育成したい

作業標準と仕事の進め方

 製造現場では、誰が作業を行ったとしても安定して品質を実現するために、作業標準が必要となってきます。

 本研修では、現場リーダー(管理者)の役割と作業標準の必要性、また作成ポイントや作業標準を通した仕事の進め方について学んでいきます。

 

カリキュラム

1.管理者(リーダー)の役割
  ・(管理者)リーダーに求められる4つの役割
  ・(管理者)リーダーシップの4タイプ
  ・(管理者)リーダーとは

2.作業標準とポカミスの関係
  ・ポカミス発生要因の4要素
  ・ポカミスの真因追及(なぜなぜ分析)
  ・ポカミス対策方法

3. 作業標準書
  ・作業標準の必要性
  ・作業標準書の作成ポイント
  ・作業標準書を作成しよう

4.他社の事例紹介

 

講 師

中村コンサルティングオフィス 代表 中村 敏明 氏

【略歴】

 電機メーカーに入社後、テレビ、ビデオなど製造現場を担当。生産革新活動を柱にした生産現場の「ムダ取り」「セル生産」の指導を実施。
 退職後は、生産管理、TQCの導入、5S、品質管理、組織風土等のコンサルティングを手掛ける。

 

日 時

平成30年9月13日(木)~14日(金) 9:30~16:30

 

会 場

とちぎ産業交流センター2階 第2・第3会議室 (宇都宮市ゆいの杜1-5-40)

 

定 員

30名(先着順に受付けし、定員になり次第締め切らせていたただきます。)

 ※申込者多数の場合は、1企業2名までの受講とさせていただくことがあります。

 

受講料

会員 12,500円   一般 15,600円  ※センター会員割引対象研修

 

申込方法

 申込書 に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはE-mailにてお申込みください。 

 

【お申込み・お問合せ先】

 総務企画部 情報研修グループ
 TEL 028-670-2606  FAX 028-670-2616
 E-mail: kenshu@tochigi-iin.or.jp

▲ ページの先頭へ戻る