Home > 人材を育成したい > 原価管理とコストダウンの進め方
人材を育成したい

原価管理とコストダウンの進め方

 「原価のしくみ」とは何か、会社におけるお金の動きや計算の仕方など、原価管理の基礎について学び、QCD(品質・コスト・納期)を体感できるグループワークや様々な事例紹介を交えて、コストダウンを図るための考え方と手法について学んでいただきます。

 

「原価管理とコストダウンの進め方」概要

研修日程  2019年 10月30日(水)~31日(木) 
 9:30~16:30
会 場  とちぎ産業交流センター 第2・3会議室(宇都宮市ゆいの杜1-5-40)
定 員

30名(先着順。定員になり次第締め切らせていたただきます。)

※ 申込者多数の場合は、1企業2名までの受講とさせていただくことがあります。

受講料

【一般】16,000円  【会員】12,800円 ※センター会員割引対象

※ 消費税率引き上げに伴い、開催日が10月1日以降に研修は、新税率(10%)を適用した受講料となっております。

カリキュラム

1.まず原価のしくみを覚えよう
 ・会社のお金の動きと利益
 ・決算書に原価はどのように出ているか

2.「誰が」「何を」すればコストは下がるか
 ・2つある原価管理の進め方 
 ・見えないロスに目をつける
 ・効果の大きいコストダウンテーマの見つけ方

3.「どれくらい」コストが下がるか ーコストダウン余地の見つけ方ー
 ・あるべき姿を描くとやるべきことが見えてくる
 ・コストダウン余地は実際原価と理想標準原価との差

4.日々の改善・管理によるコストダウン事例
 ・改善による材料費・加工費のコストダウン
 ・管理による材料費・加工費のコストダウン

5.QCDのバランスを追求したグループワーク【1・2日目】
 ・作業者の長所を生かした作業形態の検討
 ・材料歩留の究極を追求し、手待ちのない理想の作業形態を追求
 ・利益を最大限に出すための施策を追究

講 師

株式会社MEマネジメントサービス 常務取締役 大塚 泰雄 氏

【略歴】

  大手工作機械メーカーに11年勤務し、開発・設計、製造、営業技術などを経験。現在は主に、設計・生産技術・購買・製造部門の原価管理システムの立案・構 築・実施やVE、IE、購買査定テーブルを活用した、総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務が活動を行う。
 主な著書には 「実践原価企画」「よくわかる金型の原価管理とコストダウン」「トコトンやさしい原価管理の本」などがある。

申込方法

申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

または「とちぎ地域企業応援ネットワークポータルサイト」からWEB申込みもできます。

備 考

研修開催の約一か月前に、受講料振込のご案内をFAXにて送付いたします。

 

【お申込み・お問合せ先】

 総務企画部 情報研修グループ
 TEL 028-670-2606  FAX 028-670-2616
 E-mail: kenshu@tochigi-iin.or.jp

▲ ページの先頭へ戻る