Home > 新商品・新技術を開発したい > とちぎロボットフォーラム > 「ロボット介護機器開発研究事業」(技術情報交流会 in 国際医療福祉大学)の御案内
新分野へ進出したい

「ロボット介護機器開発研究事業」(技術情報交流会 in 国際医療福祉大学)の御案内

 栃木県では、とちぎロボットフォーラム生活・サービス分科会「ロボット介護機器開発研究事業」として、参加企業がロボット介護機器開発の現状及び介護現場における課題・ニーズに対する理解を深めることで、ロボット介護機器開発等のロボット関連産業への参入を促進するため、とちぎ医療機器産業振興協議会と合同で標記事業を下記のとおり開催します。
 今回は、ロボット介護機器開発の動向等について情報収集をしていただくほか、とちぎロボットフォーラムの枠を超え、国際医療福祉大学の教員や医療従事者による臨床ニーズを知るとともに、県内ものづくり企業、全国の製販企業と交流できる貴重な機会となりますので、皆様の積極的な参加をお待ちしています。

 

 「ロボット介護機器開発研究事業」(技術情報交流会 in 国際医療福祉大学)案内チラシ

 

1 日時 

 平成30年2月20日(火)13:30~17:20

 

2 場所  

 国際医療福祉大学 大田原キャンパス O棟1階(O-101教室、学生ホール) (大田原市北金丸2600-1)

  国際医療福祉大学へのアクセス

 

3 内容

(1) 開会あいさつ

(2) 講演【95分 13:35~15:10】

 ・講演①「H28医工連携促進支援事業の成果報告と本学の職務発明について」(20分 13:35~13:55)

  講師:国際医療福祉大学 医療福祉・マネジメント学科 講師 二木 恵子 氏

              産学・医工連携推進室 コーディネータ 西木 雅行 氏

 ・講演②「介護機器の開発・導入にあたっての留意点」(30分 13:55~14:25)

  講師:(株)福祉用具総合評価センター 代表取締役 田中 繁 氏

 ・講演③「ロボット介護機器開発の動向について」(45分 14:25~15:10)

  講師:(同)アグリハート 代表社員 木村 佳晶 氏

(3) 休憩【10分 15:10~15:20】

(4) 臨床・教育ニーズ及びシーズの発表【60分 15:20~16:20】

 ・国際医療福祉大学 基礎医学研究センター 飯島 典生 氏

 ・国際医療福祉大学 言語聴覚学科 落合 勇人 氏

 ・国際医療福祉大学 視機能療法学科 原 直人 氏

 ・国際医療福祉大学 薬学科 加藤 英明 氏、宮川 和也 氏

 ・国際医療福祉大学 理学療法学科 茅野 世佳 氏

 ・(株)オガワ(介護施設の運営事業者)※とちぎロボットフォーラム会員企業

 ※当日発表する臨床ニーズの概要は、以下の東京都医工連携HUB機構サイトで順次公開します。

  https://ikou-hub.tokyo/needs/needs_list?prefecture=0&bureau=0&needs_search=iuhw20180220

 ※当日、参加者には「秘密保持に関する申し合わせ」に署名いただきます。

 

(5) 企業展示・交流会【60分 16:20~17:20】

 ・20社程度による企業展示

 ・教員、医療従事者、企業等による名刺交換、交流会

 

4 参加費  

 無料

 

5 参加・企業展示申込方法

 参加・企業展示申込書 に必要事項を御記入の上、2月13日(火)までにE-mail又はFAXにて申込みください。

 

 

【申込み・問合せ先】

 栃木県産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室
 担当:藤沼・髙山(とちぎ医療機器産業振興協議会事務局)
 TEL:028-623-3249 FAX:028-623-3945
 E-mail:iryokiki@pref.tochigi.lg.jp

▲ ページの先頭へ戻る