新分野へ進出したい

技術高度化助成事業

中小企業者等が行う、特定振興産業、食品関連産業、ヘルスケア関連産業、ロボット関連産業に係る、技術の高度化、新技術・新製品・新役務の開発事業に要する経費への助成を行います。

 

助成対象者

特定産業振興協議会、フードバレーとちぎ推進協議会、とちぎヘルスケア産業フォーラム、とちぎロボットフォーラム、いずれかの会員である中小企業者、及びそのグループ

 

助成期間、助成限度額、助成率

  1年(最大2年)、500万円以内、2/3以内

 

助成対象経費

経費区分内  容
謝金 専門家謝金
旅費 専門家旅費
研究開発事業費 原材料費、機械装置又は工具器具の購入、試作、改良、据付け、借用又は修繕に要する経費、他者が所有する産業財産権の導入に要する経費、外注加工費、検査分析費
庁費 会場借料、印刷製本費、資料購入費、通信運搬費、借料又は損料、調査研究費、消耗品費
委託費 研究開発事業費の一部を委託する経費
その他の経費 上記に掲げるもののほか、振興センター理事長が特に必要と認める経費(助成対象者役職員の人件費を除く。)

注)

  1. 消費税及び地方消費税は助成対象外とする。
  2. 外注加工費は、研究開発事業費の一部であり研究開発経事業費の概ね2割以下であること。
  3. 委託費は、研究開発事業費の総額の概ね半額以下であること。
  4. 機械装置又は工具器具(試作用に限る。)は、原則として借用とする。機械装置への組み込みなど、購入しなければならない場合は購入も対象とする。

 

採択基準

  1. 実施主体の技術力向上に資するものであり、経営革新につながるものであること。
  2. 計画的でありかつ実現性が高いこと。
  3. 実施主体における助成事業の実施体制及び管理体制が十分であること。

 

※「特定振興産業」とは、栃木県が特に振興を図るべきとして選定した産業分野のことであり、自動車産業、航空宇宙産業、医療機器産業、光産業、環境産業が該当します。
※「成長産業」とは、食品、ヘルスケア、ロボットの各関連産業のことです。
※「特定産業振興協議会」とは、特定振興産業に係る産学官のネットワーク組織のことで、以下の5つが該当します。
 ○とちぎ自動車産業振興協議会
 ○とちぎ航空宇宙産業振興協議会
 ○とちぎ医療機器産業振興協議会 
 ○とちぎ光産業振興協議会 
 ○とちぎ環境産業振興協議会

※「フードバレーとちぎ推進協議会」とは、食品関連産業の振興を図ることを目的に設立された産学官のネットワーク組織のことです。
※「とちぎヘルスケア産業フォーラム」とは、ヘルスケア関連事業を創出・展開することを目的に設立された県内で活動する企業・団体や産業支援機関などのネットワーク組織のことです。
※「とちぎロボットフォーラム」とは、ロボット関連産業の振興を図ることを目的に設立されたロボットを開発・導入している、又は、しようとしている企業・団体や産業支援機関などのネットワーク組織のことです。各協議会・フォーラムに入会を希望する場合は、下記までお問い合わせください。

 〇自動車、航空宇宙、医療機器、光、環境の各産業振興協議会
  栃木県工業振興課 ものづくり企業支援室(TEL028-623-3249)
 〇フードバレーとちぎ推進協議会
  栃木県産業政策課 産業戦略推進室(TEL028-623-3203)
 〇とちぎヘルスケア産業フォーラム、とちぎロボットフォーラム
  (公財)栃木県産業振興センター 新産業育成グループ(TEL028-670-2608)

※最大2年まで応募することができますが、採択決定は1年毎に行いますので、2年目も応募を行い、審査を受ける必要があります。(1年目の決定は2年目の助成を保証するものではありません。)

 

【お問い合せ先】
産業振興部 ものづくり産業振興グループ
TEL:028-670-2601   FAX:028-670-2611
E- mail:monozukuri@tochigi-iin.or.jp

▲ ページの先頭へ戻る